Nov27th

イギリス重戦車S

Top / イギリス重戦車S

イギリス重戦車(byストーリー)

shot_049.jpgshot_050.jpg
ティア5の重戦車 イギリスのチャーチル重歩兵戦車です。
ヴァレンタインと同じく歩兵に随伴して歩兵の盾と矛となる歩兵戦車です。
このチャーチル1はリタイを覆うフェンダーが無く、
リタイの動きがよく見えて機械に興味のある方には嬉しいものだと思います。
低速ですが史実同様登坂力は凄いの一言、他の重戦車では行けない、一段上の陣地から攻撃できます。
初期砲はマチルダやヴァレンタインと同じ2ポンド砲です。でかさの割に、豆鉄砲感があります。
次の砲は3インチ瑠弾砲です。2ポンド砲と違い、瑠弾しか撃てず、弾道が若干山なりで弾速が遅いので足の速い敵には苦戦するかもしれません。
瑠弾砲を使うか、砲塔開発をして6ポンド砲にするかは使用者の好みが分かれます。
最終砲は75ミリ対戦車砲で、KV1等の同ティア戦車に十分な威力があります。
駆逐戦車チャーチルGCまで4万5千もの経験値が必要なので大抵の方は2万ちょいのチャーチル7に乗るようです。
フェンダーが無い事により、リタイ切れが起こりやすく、機動戦には向きませんが、HPの高い事が魅力の戦車です。

shot_120.jpgshot_121.jpg
ティア6の重戦車 イギリスのチャーチル7です。
初期砲は57mm砲です。徹甲弾の貫通力は110mmとKV1の改良砲塔をぎりぎり貫通できる程度の物です。このティアとしてはおそらく最少口径の砲で、ダメージもあまり高くありません。チャーチルは貫通力の高い小口径砲をチクチクと多数打ち込む事に重きを置く速射性の高い砲を搭載しますのでこれもその一つです。チャーチルシリーズ以外に、クルセイダー巡航戦車などの軽戦車にも搭載されています。とにかく1発でも多く敵に撃ちこみ、ダメージの少なさは手数でカバーしましょう。第2主砲は75mm砲です。貫通力が若干下がった代わりに、大口径化でダメージが上昇しました。
第3主砲は94mm瑠弾砲です。貫通できる戦車はもはやこのティアには少ないですが、ダメージは絶大です。弱点としては、装填の遅さと、瑠弾砲特有の山成り弾道と弾速の遅さが命中精度の低下を招きます。貫通を重視したい方は無視した方が良いでしょう。第4主砲は改良75mm砲です。ダメージや精度、貫通力などが改善されていますが、発射速度は第2主砲より遅くなっています。最終砲は77mm砲です。少しだけ大口径化した砲によってダメージも貫通力も若干上がっています。また、発射速度も微妙に早いです。
無線機は量産品が使われているので性能的な問題は無いでしょう。
エンジンはチャーチルシリーズと互換性のあるもので、速度よりもパワーを重視しています。
チャーチルは履帯がすぐ切れるためもろい戦車だと思われがちですが、正面装甲は152mmと結構強固です。
また、車体の構造上、角でにらみ合いになったら、履帯を敵に大きくさらさないと自分からは撃てません。側面も95mmありますが、この戦車のティアにはその程度の装甲をバンバン抜けるKV1S等が居ますので装甲に頼っていいかというと案外そうでもありません。履帯をわざと切らせて装填の合間に敵を破壊するのが良いでしょう。鈍速なのでCAPされてると戻るのが間に合わなかったりしますが、エンジンのパワーは強い物なので、斜面で立ち往生する事はあまりありません。その点は異常なほど強い戦車です。

shot_025.jpgshot_026.jpg
ティア7の重戦車 イギリスのブラックプリンスです。
初期砲は77mm砲です。コメットの最終砲でもあります。貫通力はあるのですが、重戦車と正面から戦う本車では貫通力不足に感じるかもしれません。最終砲は17ポンド砲です。敵重戦車と正面から戦っても、ちゃんと狙えば貫通できる貫通力を持っていますが、格上重戦車には威力不足がひどいです。
無線機はイギリス戦車の標準品そのままで、互換性が高いです。
エンジンの初期品はChurchillの物なので、出力不足気味ですが、最終品はセンチュリオン等にも使われる強力な物です。
Churchillから続く、「低速だけど正面が固く、手数で押す砲を積んでいる」戦車です。スペック上は車体砲塔ともに正面装甲が弱体化してますが、砲の防盾が優秀な上、隠れたスペック向上をしているので、実際にはスペック以上の砲塔正面防御力があり、運用法に気を付ければ敵弾をかなり弾けます。窪地に陣取ってハルダウンのように砲塔だけだして戦うと、かなり持ちこたえることができますが、履帯が前に突き出しているので、アメリカ戦車のようなハルダウンはお勧めしません。豚飯を使うと防御力がありますが、低速故に自走砲によく狙われます。