Nov30th

ドイツ軽戦車S

Top / ドイツ軽戦車S

ドイツ軽戦車(byストーリー)

shot_023.jpgshot_025.jpg
ティア1の軽戦車 ドイツのLeichttraktorです。
初期砲は37mm砲です。この砲は貫通に優れ、3号戦車でも使われる砲なのでドイツ車に乗るならこれで操作を覚えると良いでしょう。
また、1号戦車用の20mm機関砲、2号戦車など用の20mm機関砲も積めます。違いは互換性と装弾数、発射速度や再装填時間など同じ20mmでもすごい違いがあります。次に自分の乗りたい戦車が何かによってどれを使うか決めるとよいでしょう。また、高ティアでは気になりませんが、低ティア車には射程不足で弾が届かない、という現象が起きます。20mm機関砲は37mm砲より射程が短いので遠距離戦で勝つには機関砲は難しいです。また数秒で10発以上の砲弾を撃つため、弾薬費がかさみます。しかし、同じ理由により近接では高い命中率と瞬発火力を誇ります。この戦車は砲塔が後ろに付いているので車体が敵に見えやすいのも他の国の戦車と違う点であり、きつい弱点です。とは言え連射の効くほうが積めるのは利点であり、進化させればティーガーなどになるため多くの方が利用します。1号戦車が史実上最初の量産戦車として有名ですが、それを開発する技術習得のためと、第一次世界大戦の敗北による軍備制限を逃れるためにトラクターとしている点、その当時の歴史の判る戦車でもあります。

shot_009.jpgshot_010.jpg
ティア2の軽戦車 ドイツの1号戦車です。
初期砲は20mm機関砲で、装弾数10発の連射砲です。銃で言うところのセミオートマチック砲で、2発ずつ砲弾が飛び出します。
最終砲は同じ20mmですが、装弾数が12発に増加し、連射数も3発ずつになります。最終砲はこれ以上引き継げませんが、中間にある砲は機関砲を搭載するほとんどの低ティアドイツ車で使えるものなのでぜひ開発しておきましょう。
無線機、エンジンともに互換性が非常に高く、開発しておくと後が楽になります。砲塔は改良によって小型化し、右にオフセットされます。
注意としてはこの戦車は機動性が悪く、砲塔の旋回速度や砲の発射も遅いのでT1などにも手数で負ける可能性があります。
しかし、次の1号戦車C型はKV1も恐れるすばしっこい敵になりますので、期待はできると思われます。

史実ではドイツ初の量産戦車として有名ですが、訓練と技術習得という戦闘以外が主目的の戦車だったため、小型で武装が貧弱でした。
これを参考に武装強化を図ったのが2号戦車です。

shot_018.jpgshot_020.jpg
ティア2の軽戦車 ドイツの2号戦車です。
初期砲は1号戦車同様の20mm機関砲ですが、1号戦車のそれより連射が早いのが特徴で、車体も若干大きいです。
最終砲は長砲身20mm機関砲で、貫通力が上がっています。1号戦車からヒントを得て設計されただけあって機動性も向上しています。
しかし、依然機関砲しか積めない戦車なので攻撃力は一定以上上がらず、同ティアのT18等は効果が薄いので注意が必要です。

史実では3号戦車や4号戦車が完成、部隊配備が完了する前の初期の電撃戦を支え、安価で機動性の良い事から2号戦車主力説まで出るほど重宝されました。しかし、ゲーム同様武装の貧弱さが目立ち、旧式装備しかなかったポーランドや戦車性能が劣るフランス以外では火力不足による作戦遂行困難が多発したため、戦闘任務からは撤退して後方地帯警備や偵察、連絡、治安維持等の2級任務に付きました。

shot_024.jpgshot_026.jpg
ティア2の軽戦車 ドイツの35T軽戦車です。
初期砲は37mm砲でこの戦車のみで使える砲です。最終砲は38T等にも引き継げる37mm砲です。
他に1号、2号戦車と同じ20mm機関砲も使えます。この戦車は改良履帯を使うと車体旋回性能がとても良くなります。
まるでジープのようにすぐ超信地旋回できるので敵に対する角度調節が容易です。反面砲塔旋回性能は固定砲と言っても過言でない程遅く、駆逐戦車のように非常時には砲塔ではなく車体を旋回する方が早いです。

史実ではチェコスロバキアという国の戦車で、ドイツに組み入れられた時に、慢性的な戦車不足に悩むドイツ軍に使用されました。
性能は当時の軽戦車としては優秀で、3号戦車の開発の進みによって退役していきました。他のドイツ戦車と違い、自走砲になったという情報を聞かない珍しい戦車です。

shot_057.jpgshot_058.jpg
ティア4の軽戦車 ドイツのPz.Kpfw.Ⅱ Luchs(2号戦車ルクス)です。
初期砲はティア1のLトラクターでも装備できる。20mm機関砲です。
ティア4にしてティア1の砲が初期砲という驚きですが、機関砲なのでいくらか攻撃力はあります。
1号戦車C型や、2号戦車にも搭載されており、セミオートマチックの砲です。
改良20mm機関砲は徹甲弾の貫通力が2倍近くに増加しているので偵察中に敵軽戦車に遭遇しても応戦して深手を負わせる程度には攻撃力があります。機関砲型の最終砲は、30mm機関砲です。徹甲弾の貫通力が95mmと改良20mm機関砲と比べても2倍以上とすごい貫通力で、フランスならティア7の、ソ連ならティア6の重戦車の車体正面装甲を余裕を持って撃ち抜けます。しかし、機関砲故に1発1発のダメージは低く、全弾命中しても敵が撃破できないこともしばしばです。その上、弾倉を撃ち尽くした後の完全装填時間が18秒ととても長く、20mm機関砲の2.7秒とは天と地の差、下手な自走砲並みです。重戦車の大口径砲と同じく、この長い装填の間を狙って攻撃され、為す術なく撃破されることがよくあります。なので、この装填時間の間は、重戦車のように遮蔽物に隠れて過ごすか、良好な機動性を活かして逃げることも必要です。また、機関砲には珍しく、榴弾も撃てます。使い所はかなり限られますが、弾倉2つ分は積んでおいていいと思います。普通の戦車砲での初期砲は、Lトラクターの初期砲の37mm砲です。軽戦車同士の遭遇戦でも、一応装甲は抜ける、程度の貫通力です。重戦車と出会うと、課金弾でも貫通が無理な車両もザラになります。開発はすでにされている(開発の必要はない)上に、ティア1の初期砲であるために砲の購入費もかかりません。初期砲塔では機関砲を使う方がいい戦車ですが、機関砲が苦手な人や、置き偵察で定点狙撃を好む人はこちらを使うこともあるでしょう。また、この37mm砲は、20mm機関砲より有効射程に優れるので、近接戦を行わない置き偵察には、こちらの方が良い場合もありますが、単発威力は機関砲弾の1発と大差無いので、あえてこれを選ぶ人は、あまり多くないでしょう。改良砲塔なら戦車砲として2種類ある3号戦車の主砲、50mm砲も搭載できます。この砲なら貫通力もそれなりで、改良砲の方は、課金弾で貫通130mmと、KV1にも対抗できる貫通力があります。ダメージは徹甲弾でも60と機関砲弾の2倍で、手数で押すタイプの機関砲に対して、1発をピンポイントで狙撃する戦法を取ります。しかしこの砲は
重量が700㎏と機関砲より2.5倍重く、ほんの少しだけ機関砲の方が機動性に有利です。この2つの砲は装填速度が20mm機関砲と変わらないので、30mm機関砲を使うルクスと会敵した場合、30mm機関砲を食らって瀕死になっても、ぎりぎりHPが残れれば、機関砲の装填の間に、50mm砲のルクスが速射力で勝てることもあります。この戦車の砲は、互換性もそこそこに高く、機関砲が充実しているため、砲撃マスターなどの命中率が関わる勲章が取りやすいのが特徴ですが、反面弾薬が短時間で湯水の如く無くなるので、課金弾を全部跳ね返されて赤字になることには気をつけて下さい。
無線機は中間までの物は互換性が非常に高く、搭載に際して開発は必要ないでしょう。最終の無線機は軽戦車と自走砲のみが装備できる特殊なもの故互換性は若干下がりますが、前任の1号戦車や2号戦車も搭載できるものなので、開発が必要無い人も多いでしょう。エンジンも軽戦車や自走砲、一部の駆逐戦車とも互換性があるもので、最高速度60㎞の超高速を発揮させる重要な要素です。
3種類あるので段階的に強化するも一気に強化するも使う人次第です。この車両は2号戦車の派生系とされていますが、車体は全く別の新設計で、高速走行に適した軽量な車体と、移動中でも一定の命中率が期待でき、かつそれなりのダメージが与えられる数種類の機関砲、主力戦車と同様の戦車砲を搭載できる対戦車戦闘力は使いやすい事を予感させます。軽快なことから迅速な戦闘地域への進入、撤退、追撃、自走砲への奇襲攻撃など、多彩な戦闘が行えます。30mm機関砲搭載車なら、重戦車に近接戦を仕掛け、重戦車の遅い砲塔旋回速度を上回る車体の機動性で敵の周りをぐるぐる回りながら、機関砲を後部装甲に全弾撃ち込んで、全面を周る間に装填が完了するという重戦車には恐怖な戦法を仕掛けることも出来ます。(敵が重戦車単体の場合でなければ、敵の仲間に背後を撃たれて終わりますのでご注意を)

shot_095.jpgshot_100.jpg
ティア5の軽戦車 ドイツのVK.16.02 Leopardです。
初期砲は2号戦車から引き継がれる20mm機関砲です。装弾数は10発で、弾装を撃ち尽くしたら2秒強で装填が終わります。完全に威力不足で、課金弾を使って後部装甲を抜けるかどうかです。課金弾もダメージは変わらないので使うとかなりのロスになる可能性が・・・。第2主砲は30mm機関砲です。装弾数が2発増えて12発になり、瑠弾も撃てるようになります。口径が大きくなったのでダメージも上がりました。最大の改善点は貫通力で、徹甲弾でも95mmあり、課金弾なら110mmあります。同ティアはおろか、格上重戦車でも薄い部分は抜く事が出来ます。ただし弾装を撃ち尽くした後の弾装装填時間が18から20秒と長く、撃ち尽くした後に装填の合間を縫って反撃され、一方的にやられやすくなります。最終砲は単発の50mm砲です。ドイツの軽戦車や中戦車、一部の重戦車にも搭載されている砲で、徹甲弾の貫通力は30mm機関砲に劣りますが、課金弾の貫通力は優っています。ダメージも2倍近いです。精度も良いですが、徹甲弾の貫通力不足に悩まされるでしょう。無線機の互換性の高さは主力の計画案だけあって高い水準です。
エンジンも最終品以外は互換性が高い物を搭載しています。
完全に機動性を重視した軽戦車で、動き回って偵察する事が主任務になります。砲は50mm砲使用の方が多いようですが、30mm機関砲使用者も存在します。どちらなのかは撃たれてみないと分かりませんが、30mm機関砲なら装填の合間を狙う為にあえて撃たせる事が、50mm砲なら跳ね返すように角度をつけると勝ちやすいです。足が命の戦車なので履帯が切られる事は極力避けましょう

shot_151.jpgshot_152.jpg
ティア3の軽戦車 ドイツのPz.Kpfw.1.Ausf.Cです。
初期砲は20mm機関砲です。装弾数は10発で、弾装は4秒弱で装填できます。貫通力が低く、中戦車に対しても不利な場合がありま。第2主砲は改良20mm機関砲です。貫通力と命中精度が向上した他は初期砲とほとんど変わりません。第3主砲は7.92mm機関銃です。砲ですらありませんが、貫通力は20mm機関砲と大差無く、ダメージもあまり減少しません。反面装弾数が40発と多く、全段打ち込めば敵を撃破可能です。命中精度も悪くありませんが、走りながらの射撃では当てるのは難しいです。弾装装填には8秒以上を要します。本車を印象付ける独自の武装ですが、消して使えない兵器ではありません。数発貫通すれば抑止力が生まれ、制圧効果があります。課金弾が異常に高いので弾装1カートリッジで良いでしょう。
無線機は量産品を搭載し、互換性と性能は申し分ありません。
エンジンは自走砲や他のドイツ低ティア軽戦車と互換性のある、高速を発揮できるエンジンです。軽い車体と相まって操縦性も悪くありません。
空挺戦車とは輸送機に搭載できる軽くて小さい戦車です。空挺部隊の火力支援や機動偵察に使用されるため、軽さと快速性に重点を置き、結果、乗員も少ない軽戦車が出来上がります。同じ空挺戦車にフランスのELCAMXがありますが、あちらも高速で機動力がある事は有名です。ソ連のBTシリーズやアメリカのM3軽戦車に優るとも劣らない高速と高機動を使って、敵陣の偵察や裏に居る自走砲の急襲、陣地への急速撤退と、スピードの必要な任務において本車は非常に優秀です。反面武装は貧弱なので、KV1のような重装甲な敵や、履帯が切れた状態だと戦力ゼロに等しいという悲しい戦車でもあります。貫通できない敵には裏に回り込みつつ砲を乱射し、ヘイトを稼ぐことで味方の砲撃のすきを作りましょう。また、7.92mm機銃はセミオートですが、弾丸を発射する数を制御するのが難しく、射撃しようと前に出た味方や、NDKしている敵の後ろに居る味方への流れ弾の被弾確率が非常に高いです。乱射には注意が必要な場面もありますので射撃時はご注意ください。

shot_089.jpgshot_090.jpg
ティア6の軽戦車 ドイツのVK28.01です。
初期砲は50mm砲です。3号戦車の主砲であるこの砲はもはや威力不足で、相手に出来るのは軽戦車が関の山です。装填は早いので牽制にはなります。第2主砲は75mm砲です。徹甲弾は撃てますが、短砲身の瑠弾砲なので貫通はほぼ不可能です。瑠弾でのダメージもあまり見込めず、動き回るこの戦車では当てるのが難しいです。そう急に次の砲に変えるか、50mm砲を使った方がいいでしょう。第3主砲は4号戦車等にも搭載される75mm長砲身砲です。ダメージは砲口径から考えれば標準的ですが、重戦車の正面は貫けないので高い機動性を利用して回り込むと良いでしょう。第4主砲は75mm砲です。第3主砲の貫通力と精度を向上させた物で、ぎりぎりKV1の改良砲塔を抜けるレベルです。重戦車と正面から撃ちあう事が多いならば、最終砲を使う方がいいでしょう。最終砲は4号戦車H型で大活躍する105mm砲です。徹甲弾も撃てますが貫通力が低くて役に立たないので、瑠弾運用をお勧めします。物陰からいきなり軽戦車が飛び出してきて105mm砲を撃ち込んで来たら、敵はさぞ驚く事でしょう。ティアが上がってワンパンは難しくなりましたが、重戦車や自走砲にはとても有効です。敵地の奥深くまで素早くは入れる軽戦車という立場を利用し、この砲で自走砲狩りをおこなう事も出来るでしょう。
無線機は標準戦車となるために互換性の高い物が選ばれていて、搭載は簡単でしょう。
エンジンはヤークトティーガーにも搭載されるパワーのあるもので、軽戦車としては大きめのこの戦車の車体を、驚異的なスピードで走らせることができます。
この車両による体当たりは、格下中戦車や軽戦車にとって、戦車砲以上の脅威があります。体当たりはこちらもダメージを受けるので、重要な敵目標や、最後の止め攻撃に、体当たりを検討するのも良いかもしれません。

shot_013.jpgshot_014.jpg
ティア4の軽戦車 ドイツの38nAです。
初期砲は37mm砲です。35t戦車から受け継ぐこの砲は、さすがに貫通力不足で、格下ならまだ戦えますが、偵察枠により格上とマッチングしやすい本車ではあまり役に立ちません。金弾運用をした上で弱点を狙えば全く抜けない事は無いですが、そこまでするような状況に陥ることは少なく、格上戦場に行くと意味が全くない状態になります。第2主砲は20mm機関砲です。2号戦車シリーズ等にも搭載されているものですが、やはりこの砲も格下用で、格上戦場では弾の無駄になります。装弾数が10発あり、単発砲より合計ダメージが多いことから、ティア5くらいまでなら背面に回り込んで撃ちまくると効果があることがあり、37mm砲よりは効果的です。第3主砲は47mm砲です。全てにおいて初期砲に優っており、ティア6戦場でも敵を選び、狙う事でチクチクダメージを与えることができるようになりました。また、課金弾を使えばKV1の改良砲塔を抜けるようになったことで、偵察の合間や終盤の止めなどで攻撃組に力を貸せるようになりました。ダメージは相変わらず微々たるものなので、過信は禁物ですが、軽戦車のもう一つの役割である「かく乱遊撃行動」ができるようになった事は大きいです。最終砲は50mm砲です。3号戦車の標準的な搭載砲である砲を積むことで、攻撃もかなり支援できるようになっています。課金弾の貫通力も向上し、軽戦車としてバランスがとれていると思われます。
無線機は量産品に置き換えることで互換性を増し、搭載を容易にしています。
エンジンは高速を発揮するために独自の物を搭載し、38tでは考えられなかった高速を出せるようになっています。
リベットで付けられていた装甲を、溶接することで軽量化し、大型化したキューボラーで偵察能力を高めた、典型的な偵察特化軽戦車です。主砲は最低限の自衛戦闘用で、正面から敵と撃ちあうようには作られていません。大型のキューボラーを搭載するために改良砲塔の装甲が薄くなっており、地味な痛手になっています。格下の主砲をぎりぎり弾ける正面装甲を持っていますが、基本的には当たったら抜かれると思っていた方が良いでしょう。偵察枠が適用され、通常より高ティアの戦場にマッチングされることが増えます。火力ではどう考えても勝てない相手に合う事が多いので、撃つより隠れるすべを学ぶことになると思われます。